Platinum Jubilee: The Queen's love affair with her Royal corgis

Queen Jokes with Canadian Officer About His Medals

エリザベス女王も愛したコーギーこれを見れば全てがわかる!ドーギー?産みの親は女王だった?!

Queen's Pooch Joins in the Jubilee Celebrations!

キャスキッドソン エリザベス女王 プラチナジュビリー コーギー ポーチ 新品


プラチナジュビリー商品を購入してみた!

ポート認証機能は機器またはユーザーを認証する機能です。また、未認証の機器や認証に失敗した機器は、LANへのアクセスを拒否したり、特定のVLANへのアクセスのみ許可することができます。

キャスキッドソン エリザベス女王 プラチナジュビリー コーギー ポーチ 新品


【英女王】“愛用バッグ”中身明らかに 置き方でサイン? コート×帽子“女王コーデ”(2022年9月23日)

Platinum Jubilee - The Queen \u0026 Her Corgis

LAN接続時に使用する認証規格。

Ahead of Queen's Platinum Jubilee, corgi lovers take over London cafe

LAN/SFPポートに接続されたサプリカントを認証する機器またはソフトウェア。ユーザー名、パスワード、MACアドレス、所属VLAN等の認証情報を管理します。

Queen Elizabeth II and her son Prince Charles plant a tree for her Platinum Jubilee l GMA

PPPを拡張して各種の認証方式を使用できるようにした認証プロトコル。MD5ハッシュ値を使用して認証します。

Meet the corgis on wheels set to celebrate Elizabeth II's Platinum Jubilee

サーバーとクライアントの電子証明書による相互認証。
トランスポート層を暗号化して電子証明書を交換して認証します。
RFC2716、RFC5216で規定されます。

Corgi chaos! 100 corgis part of a parade to celebrate the Queen's Platinum Jubilee

EAP-TLSの拡張版。RFC5281で規定されます。

QUEEN’S PLATINUM JUBILEE CORGI CAFE EVENT 2022 LONDON | POP + BARK

動作原理はEAP-TTLSと同等(暗号トンネル内のプロトコルの違いのみ)。本製品は、ポート認証機能としてIEEE 802.1X認証方式、MAC認証方式、およびWeb認証方式をサポートします。 これを回避したい場合、サプリカントを接続する認証ポートでspanning-tree edgeportを設定してください。

  • 認証可能なサプリカント数は、シングルホストモード/マルチホストモードは各ポートで1つ、マルチサプリカントモードはシステム全体で512までとなります。
  • Web認証はマルチサプリカントモードでのみ利用できます。
  • Web認証はゲストVLANと併用できません。
  • スタック機能を利用しているとき、Web認証画面カスタマイズ用ファイルは、マスタースイッチに保存されているファイルが参照されます。
  • スタック機能を利用しているとき、メンバースイッチが追加されると、論理インターフェースに接続されていたサプリカントの認証情報はクリアされます。
  • スタック機能を利用しているとき、マスタースイッチ同士を接続すると、スレーブに降格するスイッチに接続されていたサプリカントの認証情報はクリアされます。
  • トランクポートはマルチサプリカントモードでのみ利用できます。
  • トランクポートでネイティブVLANをなしに設定した場合は、L2MS機能を使用することができません。
  • トランクポートでゲストVLANを使用することはできません。
  • 認証VLANによって以下のサプリカントのVLANを変更した場合、認証機能が正しく動作しないことがあります。
  • IEEE 802.1X認証では、EAPを使用して機器またはユーザー単位で認証を行います。認証処理自体はサプリカントとRADIUSサーバー間で直接行われます。

    本製品は、認証方式として、EAP-MD5、EAP-TLS、EAP-TTLS、EAP-PEAPに対応します。サプリカントのネットワークアクセスを許可します。

    認証に失敗すると、サプリカントに認証失敗(Failure)を通知され、サプリカントのネットワークアクセスを拒否します。認証を受けるサプリカントに特別な機能が不要なため、IEEE 802.1X認証に対応していない機器でも認証可能です。

    MAC認証の基本的な手順は以下の図のようになります。

    本製品は、サプリカントから任意のイーサネットフレームを受信すると、サプリカントのMACアドレスを
    ユーザー名およびパスワードとしてRADIUSサーバーに問い合わせます。
    本製品とRADIUSサーバー間の認証方式は、EAP-MD5を使用します。

    認証に成功すると、FDBにサプリカントのMACアドレスを登録して、サプリカントのネットワークアクセスを許可します。

    認証に失敗すると、サプリカントのネットワークアクセスを拒否します。登録しておく必要があります。

    本製品では、 auth-mac auth-user コマンドで、RADIUSサーバーに問い合わせるMACアドレスの形式を変更できます。Web認証ではHTTPでの通信を使って認証を行う関係上、認証前であっても本製品とサプリカント間でIP通信ができる必要があります。また、ゲストVLANとの併用はできません。

    WEB認証の基本的な手順は以下の図のようになります。

    本製品は、サプリカントのWebブラウザで入力されたユーザー名およびパスワードをRADIUSサーバーに問い合わせます。

    認証を受けるにはユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックしてください。

    FDBにサプリカントのMACアドレスを登録して、サプリカントのネットワークアクセスを許可します。HTML/CSSの書き方や書式、編集後の問題に関してはサポート対象外です。

    1. ヘッダー用意した画像ファイルを本製品にコピーすることで画像ファイルの変更が可能です。
    2. 入力フォームフッター部分は、footer.htmlとstyle.cssによって構成されます。これらのファイルを編集して本製品にコピーすることでカスタマイズが可能です。

    以下ではWeb認証画面の変更方法について説明します。

    Web認証画面のカスタマイズに使うファイルは以下のとおりです。

    header.html、footer.html、およびstyle.cssはWebブラウザーを使ってスイッチから入手できます。ファイルにアクセスできるので、ブラウザーの「名前を付けて保存」などを使ってPCに保存してください。

    保存の際には拡張子を「.html」または「.css」にし、文字エンコーディングを「UTF-8」に設定して保存してください。 ファイルサイズの上限は1MBです。

    PC上で前述のHTMLファイルとCSSファイルを適宜編集します。ファイル設置後は copy auth-web custom-file コマンド、または copy startup-config コマンドでスイッチに認証画面起動中のCONFIG番号は show environment コマンドで確認することができます。設置することでWeb認証画面のカスタマイズが可能です。

    編集済みファイルの配置が完了したら、ブラウザーからWeb認証画面にアクセスして表示を確認してください。してください。オリジナルの認証画面に戻ります。ただし、 erase startup-config コマンドではconfig.txt等も削除されるため、コマンド実施前にconfig.txt等をSDカード等にコピー併用時の認証はIEEE 802.1X認証が優先して行われます。

    note

    本製品では、ポート認証機能において、ホストモードを選択できます。1つのLAN/SFPポートにつき、1サプリカントのみ通信を許可するモード。1つのLAN/SFPポートにつき、複数のサプリカントの通信を許可するモード。認証に成功したサプリカントと同じVLAN上で通信を許可します。

    本製品のIEEE802,1X認証とMAC認証では、ゲストVLAN設定をすることにより、未認証のポートや認証に失敗したポートを
    特定のVLANに割り当てることができます。
    マルチサプリカントモードの場合は、サプリカント単位で指定することができます。

    上の図のように、認証に成功していないサプリカントにも制限されたネットワークで一部の機能を提供したい場合に有用です。

    EAPパススルーの有効/無効を切り替え、EAPOLフレームの転送可否を設定することができます。コマンドの詳細は、コマンドリファレンスを参照願います。


    IEEE 802.1X認証を使用できるように設定します。

    1. ゲストVLAN用にVLAN #10 を定義します。
      Yamaha(config)#vlan database
      Yamaha(config-vlan)#vlan 10               ... (VLAN #10の定義)
      Yamaha(config-vlan)#exit
      
    2. システム全体で、IEEE 802.1X認証機能を有効にします。
      Yamaha(config)#aaa authentication dot1x
      
    3. LANポート #1 で、IEEE 802.1X認証の設定を行います。
      Yamaha(config)#radius-server host 192.168.100.101 key test1
                           (ホストを192.168.100.101、共有パスワードを"test1"にする)
    4. RADIUSサーバー設定情報を確認します。
      Yamaha#show radius-server
      Server Host : 192.168.100.101
        Authentication Port : 1812
        Secret Key          : test1
        Timeout             : 5 sec
        Retransmit Count    : 3
        Deadtime            : 0 min
      
    5. ポート認証情報を確認します。
      Yamaha#show auth status
      [System information]
        802.1X Port-Based Authentication : Enabled
        MAC-Based Authentication         : Disabled
        WEB-Based Authentication         : Disabled
        Clear-state time : Not configured
        Redirect URL :
          Not configured
        RADIUS server address :
          192.168.100.101 (port:1812)
      [Interface information]
        Interface port1.1 (up)
          802.1X Authentication   : Force Authorized (configured:auto)
          MAC Authentication      : Disabled (configured:disable)
          WEB Authentication      : Enabled (configured:disable)
          Host mode               : Multi-supplicant
          Dynamic VLAN creation   : Disabled
          Guest VLAN              : Enabled (VLAN ID:10)
          Reauthentication        : Disabled
          Reauthentication period : 3600 sec
          MAX request             : 2 times
          Supplicant timeout      : 30 sec
          Server timeout          : 30 sec
          Quiet period            : 60 sec
          Controlled directions   : In (configured:both)
          Protocol version        : 2
          Clear-state time        : Not configured
      

    MAC認証を使用できるように設定します。

    1. システム全体で、MAC認証機能を有効にします。
      Yamaha(config)#aaa authentication auth-mac
      
    2. LANポート #1 で、MAC認証の設定を行います。
      Yamaha(config)#interface port1.1
      Yamaha(config-if)#auth-mac enable                  ... (MAC認証を有効にする)
      Yamaha(config-if)#auth host-mode multi-supplicant  ... (ホストモードをマルチサプリカントモードにする)
      Yamaha(config-if)#exit
      
    3. RADIUSサーバーの設定を行います。
      Yamaha#show radius-server
      Server Host : 192.168.100.101
        Authentication Port : 1812
        Secret Key          : test1
        Timeout             : 5 sec
        Retransmit Count    : 3
        Deadtime            : 0 min
      
    4. ポート認証情報を確認します。
      Yamaha(config)#interface valn1
      Yamaha(config-if)#ip address 192.168.100.240/24
      Yamaha(config-if)#exit
      
    5. システム全体でWeb認証機能を有効にします。
      Yamaha(config)#aaa authentication auth-web
      
    6. LANポート #1 で、Web認証の設定を行います。
      Yamaha(config)#interface port1.1
      Yamaha(config-if)#auth host-mode multi-supplicant     ... (ホストモードをマルチサプリカントモードにする)
      Yamaha(config-if)#auth-web enable                     ... (Web認証を有効にする)
      Yamaha(config-if)#exit
      
    7. RADIUSサーバーの設定を行います。
      Yamaha#show radius-server
      Server Host : 192.168.100.101
        Authentication Port : 1812
        Secret Key          : test1
        Timeout             : 5 sec
        Retransmit Count    : 3
        Deadtime            : 0 min
      
    8. ポート認証情報を確認します。このリソースは、ACL機能やQoS機能でも使用しており、設定によっては不足する場合があります。
      リソースが不足している場合は、認証自体に成功しても通信可能にならないため注意が必要です。